show1. show2
【動画】車両でチェック「電圧値の比較」



【動画】オルタネーターの抵抗とは? 低抵抗のメリット




ご要望の多かった JA11 の「低抵抗」の強化オルタネーター

新型の低抵抗コイルは、従来のコイルよりもサイズが大きく規格が異なるため、純正オルタネーターや従来の強化オルタネーターのハウジングには搭載することが不可能でした。
そのため、低抵抗コイルを搭載できるよう新たにハウジング(フロントケース・リヤケース)の設定から見直し、オルタネーター本体のサイズアップに伴い、狭い取り付けスペース内に問題なく納まるよう試作を重ね、ようやく完成に至りました。
当該製品は、サイズアップに伴い、取り付けの際ファンベルトの長さを変更する必要がありますが、専用サイズのベルトが付属しますので、ボルトオンで取り付け可能な商品となっております。

80A(アンペア)に出力アップしたオルタネーターです。
コイルのサイズ自体が大きくなるため、 発電量の大幅なアップにより、安定した電気が供給され良点火等につながります。
また、新型の低抵抗コイルの採用でオルタネーターの抵抗が軽減し、「エンジンレスポンスアップ」「パワーアップ」「燃費向上」に大きく役立ちます。

発電能力アップ

エンジン高回転域における点火の安定により、エンジンオペレーションの安定化にもつながります。
また、電力不足による様々な症状の改善に役立ちますので、電気を多く使うシーンでも、各電装品を安定して作動させ、より安心・快適なドライブをお楽しみいただけます。
これから電装品の追加を考えている場合も、発電に余裕があれば安心して電装品を追加できます。






低抵抗仕様

発電時の抵抗を低減する新型の低抵抗コイルを搭載。
オルタネーターの抵抗が大幅に軽減され、エンジンパワーのロスが減ることで、レスポンスやパワーアップ、燃費改善にもつながります。




オルタネーターは、エンジンの回転を原動力として、 ローターコイルをステーターコイルの中で回転させることで 電気を発生します。
電気発生時(発電時)、磁力の影響で「抵抗」が発生。
オルタネーター(ローターコイル)の回転が重くなります。
オルタネーターはベルトを介してエンジンの動力を受けているため、発生した「抵抗」はエンジンパワーのロスになります。






ノーマルの従来型コイルは抵抗が大きいため、エンジンパワーのロスも大きくなります。

パワー損失大、燃費悪化



ARDの低抵抗オルタネーターは、新型の低抵抗コイルを搭載。
発電時の抵抗が大幅に軽減されるため、エンジンパワーのロスも少なくなります。

パワー損失小、パワーアップ
燃費向上、レスポンスアップ




プーリー

プーリーは、お好みに合わせて選べるよう3種類の設定をご用意いたしました。






製品仕様

製品出力
12V / 80A
プーリー
全3種 鉄(メッキ)、アルミ(レッド/ブルー)
ステーターコイル
DENSO/SC 低抵抗
保 証
1年 / 1万㎞





ご購入はこちらから